>>Top >>キャップ 帽子大特集


季節は現在秋でこれから冬に向かっていくが、まだまだ日差しの強い日は多い。そんなとき、あるいはちょっと気分を変えて外出したいときにサングラスを掛けたり、スカーフを巻いたり、頭に何か被ったりすることがある。その頭に被るもの→帽子についてだが、ハットとキャップの2種類に分けられる。区別は非常に簡単で、前者のハット→hatは麦わら帽を、後者のcapは野球帽をそれぞれイメージすればよい。あなたはどちらが好きだろうか?気分転換にちょっと外出というときは、断然野球帽であろう。反対に山や森にかぶと虫やくわがたを捕りに行くとか、一日農業体験とか、果樹園に行って果実を採るというように、予め目的やテーマが定まっている場合は麦わら帽であろう。もっとも野球の試合に出場する場合は言うまでもなく野球帽である。自分的には全員が麦わら帽の野球チームがあっても、それはそれで面白いと思うのだが。高校野球やプロ野球にはきっちり野球帽を被らなければいけないという規定でもあるのだろうか?自分は特に境界線を設けず、麦わらも野球帽も自由に使いこなしている。
スポンサーサイト



tag : キャップ 帽子

最新記事
カテゴリ